赤ちゃんがミルクを吐く原因と対処法

###Site Name###

生後間もなくや3か月くらいまでの赤ちゃんにミルクを飲ませた際になかなか飲み込んでくれなかったり、ミルクを吐くことがあります。そのような場合、子育てが初めてのママはとても不安に感じてしまうかもしれませんがその原因と対処法がわかれば不安に感じることはありません。

今までに培ったノウハウを活かし、NAVERまとめ情報サイトについて考えます。

赤ちゃんがミルクを吐く原因として多いのは哺乳瓶の中の空気を飲み込んでしまったからと言うことがあげられます。

空気を飲み込んでしまったために胃の容量が増えてしまい、その後に入ってきたミルクが刺激となってしまって吐きだそうとしてしまうからです。

生後3か月くらいまでの赤ちゃんに多いことですが、徐々に成長して胃の形が安定してきて腹筋がついてくるとともに吐くことはなくなります。



吐いてしまったミルクはハンカチやガーゼで優しくふき取ってあげるようにしましょう。
顔についてしまったミルクはガーゼを濡らしてふいてあげるようにて洋服などが汚れてしまった場合は清潔なものに替えてあげるようにしましょう。

また胃がびっくりして吐いてしまっているのでその後すぐにミルクを与えるのは控え、頭を少しだけ高くしてしばらく横に寝かせてあげるようにしましょう。

一度にたくさんのミルクを与えてしまうと吐き戻しがひどくなってしまいますから、少しずつ飲ませてあげるようにしましょう。



またミルクの温度が温かすぎたり、冷たすぎても赤ちゃんの胃には刺激となってしまいます。

ぬるめに温度を調節してあげることも大切です。