赤ちゃんの夜泣きが酷いときは

###Site Name###

どんなに可愛い我が子でも、毎晩毎晩夜泣きをされてはママも参ってしまいます。
夜何度も起こされては体力も回復しないばかりか、赤ちゃんに対してイライラしてしまうことにもなります。



基本的に赤ちゃんの夜泣きは、日中に泣くのと同じく理由があります。

エキサイトニュース選びであなたの手助けをします。

オムツが気持ち悪かったり、お腹がすいたり、ママにだっこしてほしかったり様々なことが考えられます。


これらを一通り対処しても夜泣きが治まらない場合は、添い乳を試してみましょう。


添い乳は、赤ちゃんの横に寝ながら母乳を与える方法のことです。

体わざわざ起こすことなく授乳できるため、体力的にも楽ですし、赤ちゃんもお乳を咥えながらウトウトできるので、寝てしまえばそのままお乳を外せば良いだけです。


せっかく寝かしつけても、ベッドに置いた途端目を覚ましてしまうというのはよくあるケースですが、添い乳なら身体を動かすことが無いのでそのまま寝続けてくれるのです。
非常に便利な添い乳ですが、うっかりママも眠ってしまうと赤ちゃんの上にお乳が覆いかぶさってしまい、窒息の危険もあります。
そのためママは若干身体を上向きにずらしておいたり、子供が寝てしまえばきちんとお乳を外すようにするなどして対策をしておきましょう。



またあまり頻繁にやると、今度は添い乳でないと眠れなくなってしまうこともあるので、ここぞという時にだけ使うようにしたほうが無難です。

体力を温存するためにも、本当に辛いときは試してみると良いでしょう。